banner

納税証明書について

中古車オークションでの納税証明書について


中古車というのはオークションで購入することもできますし、販売店で購入することもできます。逆に新車の場合には、メーカーの専門店や車のディーラーのお店で購入するしか方法はありません。そして専門店などで購入すると、そのサービスは非常に手厚く市場もできますし、車の購入に付属するサービスも様々で、ローン契約や6か月保障などがあります。

そのため新車を購入するということはとても簡単にできますが、そのネックとなるのは価格です。中古車とは異なり一度も誰にも使用されていないわけですので、値段は完全な定価となります。そうなると普通の方はローン契約を組んで、毎年返済していくことになりますが、それでも負担が大きいので、中古車を選択するということも大いにありうる選択です。

中古車を購入するときにはオークションで購入する方法と、販売店で購入する方法がありますが、そのどちらでも中古車を購入した後に傷や故障が見つかって、結果的に損をしてしまう可能性はゼロにはならないことを認識してください。そしてオークションと販売店で購入することはそれぞれ違いがあることを認識しましょう。

オークションで購入するというときにはお互いが遠隔地にいる者同士で取引を行うということになりますが、問題のない中古車を購入するためには情報を適正にやり取りしていくことが必要です。相手が公開していないというときにはこちらから整備の記録簿や納税証明書などを見せてもらうようにお願いすることで、後々のトラブルを防ぐことができます。

また販売店で購入するというときには、直接車を見て購入するということになるので、安心できるようにも思えますが、中古車のマイナス点というのは目で見ても認識できるというものでもありません。しかも販売店では完全にあちらのほうが知識は上ですので、その気になれば簡単にだまされるということもあり得ます。

そうならないためには信頼できるいいお店を探すことが必要になります。いいお店を探すための基準はまず店頭の清潔感について調べてみることです。店頭はお店のすべてを表しますので、ここを清潔にしているお店はお客さんに対する対応が丁寧であると考えられます。

ほかにも店員さんに対する質問によってお店の知識の豊富さとお客さんに対する誠実さを測ることができますので、いくつか質問をしてみるべきです。
これらを参考にしていい中古の車を見つけられるようにしましょう。

Copyright(c) 2014 中古車オークションのいろいろ情報All Rights Reserved.