banner

代行業者について

中古車オークションにおける代行業者について


長引く経済不況により、多くの消費者が高額な商品の購入を控えてきました。経済不況により、自身の会社から退職を迫られたり、給料やボーナスの大幅な減額をさせられたりなど多くの労働者が、給料や臨時収入の額を減らされました。こうした状況により、さらにモノやサービスの購入や利用を控えるというスパイラル不況が起きていました。このような状況では、高額商品である住宅や高価貴金属などの商品も売れなくなりました。高額商品の一つである自動車もその中の一つです。特に高額な新車自動車については販売台数が落ちたといわれています。そうした中、新車自動車と比較して購入価格が安い中古自動車に多くの購入者が流れました。中古車自動車を購入する時、多くの場合中古車オークションを経て購入します。中古車オークションは開催会場が、北は北海道から南は沖縄まで全国各地にあり、全国のどこかでほぼ毎日中古車オークションが開催されています。以前は会場に自動車を実際持ち込んでせりを行っていましたが、今ではビデオカメラで撮影した映像をせりで流すように変わってきました。また、中古車オークションが広く認知されるようになり、出品台数が多くなったこともオークションが映像方式に変わった要因のひとつと言われています。中古車オークションに参加するのは、一部の限られた自動車オークション代行業者となっています。そのため、参加したい人が誰でも自由に参加できるというわけではありません。以前は、古物商許可を持っているぐらいでオークションに参加することは可能でした。しかしながら、今現在オークションに参加できるのは、古物商の許可を持ち、参加するオークションの現会員から推薦をもらい、参加希望者が実際に中古自動車を店舗で一定期間以上販売しているかなどの非常に厳しい条件を課された人のみです。これだけ厳しい参加条件が付くのは、自動車は中古とはいえ、売買価格が非常に高額であることや売買台数も非常に多いことにより、参加者の一部に悪質な参加者や、売買する中古自動車が犯罪に使用された自動車であったり、大きな事故を起こした粗悪な事故車であったりなどというトラブルを避けるためです。こうしたトラブルが頻繁に起きるようになると、良質な顧客が安心して中古自動車を購入することが非常に困難になり、中古自動車業界が大きなダメージを受けることに繋がるからです。そのため、中古車オークションの代行業者は厳しい参加条件を課されています。

Copyright(c) 2014 中古車オークションのいろいろ情報All Rights Reserved.