banner

必要な情報

中古車オークションに必要となる落札料


中古車オークションでは程度のよい車両を低価格で購入できるメリットがありますが、参加できるのは業者のみとなりますので業者に依頼するための費用やオークションを利用するための費用がかかります。安く購入できると思っていても手数料や代行業者を利用する際に必要になる費用を合わせると、それ程安くなかったというケースも出てくるのです。ですから、中古車オークションを利用する際には、落札代金の他に必要となる費用について正しく理解することが大切なのです。オークションでは購入代金の他に、業者に依頼する際の代行手数料がかかります。代行手数料は成功報酬となっていることが多いですが、業者の利益となる部分になります。入札するには応札手数料が必要になりますが、1台につき支払わなければならない費用となります。中古車オークションでは代行業者に支払う費用の他にオークション会場に支払う手数料もありますが、オークション費用は成功報酬となっているため、落札できなかった場合には支払わなくても良い仕組みとなっています。この他に出品する場合にはオークション会場までの運搬費がかかりますし、落札した場合にも車両の運搬費用がかかります。オークション代行業者では落札料という言葉が使われていますが、落札料はオークション代行手数料のことを言いますので、代行業者に支払う費用となります。ですから落札料は業者によって設定額や料率が異なるため、業者選びの際には必要となる経費を含めて比較することが大切です。代行業者によってはサービスとして行っている手数料もありますし、落札に関係なく参加するだけで手数料がかかる場合もあります。中古車オークションでは出品票を基に入札をすることになりますので、車輛の状態を正確に把握するには下見を行う必要があります。出品ヤードでセリを待っている際に下見を行うことが可能ですが、業者によって手数料が必要となる場合もありますし、落札料に含んでいる場合もありますので事前に確認することが大切なのです。また出品票を基に入札を行いますので、落札後に出品票では分からなかった故障やトラブルが発生する場合があります。安く落札できてもクレームの対象とならないトラブルが多いと、修理費用が掛かり増しなり手数料を合わせると結果的に高くなることもあります。中古車は査定を行う人の経験や能力が重要ですから、査定士の能力が高い代行業者を選ぶことが大切なのです。

Copyright(c) 2014 中古車オークションのいろいろ情報All Rights Reserved.